FC2ブログ


Rhapsody

  -ゆるやかに流れる時間の中、僕と君だけが凍り付いていた



大声で叫ぶ、僕から君へのメッセージ。


「大声で叫ぶ、僕から君へのメッセージ。」

マツバとミナキは縁側に座り、お茶をしていた
「平和だな。」
「そうだね・・・でも、平和が一番だと思うよ。」
マツバの手持ちのゲンガーは庭でゴースやゴーストと遊んでいる
とても静かで、小鳥のさえずりしか聞こえない
「あいつがいないから、静かなんじゃないのか?」
「あいつって、誰のこと?」
マツバがみたらし団子を食べようとする手を止め、ミナキをじっと見る
「コトネ。」
コトネという少女の名前にマツバの肩はびく、と反応した
「ミナキ君、いつも言ってるんだけどさ。コトネちゃんのこと悪く言わないでくれるかな?」
初めて僕が負けた子
無邪気な笑顔で笑わせくれた子
そして、何よりも僕を幸せにしてくれたこと
「コトネちゃんは・・・僕の・・・」
なんとなく青い空を見上げると、自分の視界が一瞬暗くなった
太陽と重なる
ストン、と空から降ってきた少女
帽子の赤いリボンがとても目立つ
「マツバさん!会いに来ましたよ!」
「コ・・・コトネちゃん!?」
マツバは驚いて立ち上がってしまう
「歩くのは大変だってので、野生のフワライドに乗せてもらいました。」
コトネの頭上にはフワライドが浮いている
「僕のフワライドかと思ったよ・・・」
「違いますよ。」
コトネは手を口に押さえて、くすくすと笑う
「お前は空気を読めない奴だな・・・」
「ちょ・・・!ひどいですよ、ミナキさん!」
「やめなってば、ミナキ君。」
ミナキは横を向いてしまい、どこかに行ってしまった
マツバは手を腰に当ててため息をつく
「ごめんね、コトネちゃん。最近ミナキ君機嫌悪いんだ。」
「それは・・・私のせいかも・・・ですね。」
ぼそっと蚊の鳴くような声で喋る
マツバは気のせいかと思い、首を傾げる
「でも・・・会いたかったよ、コトネちゃん。」
「私もです。」
僕は少女を抱きしめた
やっぱり好きだよ、コトネちゃん
君が笑うから、僕も笑える
君が生きているから、僕も生きていける
君が死んだなら、僕も一緒に息絶えよう

あとがき。
久しぶりに書いたので、設定オカシイ。
いつもミナキ君はかわいそうな子設定です。
ごめん。
No.147 / 2010.10.30 11:51 / ポケモン / Comment*0 // PageTop▲

秋風が吹く頃、君は吹き散らされて


「秋風が吹く頃、君は吹き散らされて」

「いいよ。正臣が他の女の子を好きになっても。」
茶髪の少女・三ヶ島沙樹は少しだけ笑う
「え?」
金髪の少年の名前は紀田正臣
「私はずっと待ってるから。正臣の帰りを。最後には戻ってくるもの。」
沙樹はベッドから上半身を起こし、外を眺める
黄巾賊とブルースクウェアの抗争に巻き込まれて、重症を負った沙樹
それでも彼女は微笑み続ける
沙樹を守れず逃げ出した自分に、正臣は寂しそうに目を細める
「でも俺は沙樹を守れなかった・・・」
「それでも正臣は私のために走ってくれたんだよね?」
正臣は手をぐっと握る
わかってるんだ、沙樹は
俺の全てを
沙樹は顔を正臣に向ける
「正臣のこと、大嫌いだから大好きなんだよ。」
私には正臣の全部を許すことしかできない
最初はただ、あの人が言っていたから君に近づいたんだよ
でも、今はもう・・・
「沙樹・・・」
「行ってらっしゃい、正臣。自分と決着をつけてくるんでしょ?私はわかってるから。」
正臣の顔が泣きそうに歪む
気付いたときには正臣は沙樹を抱きしめていた
「正臣?」
「俺、やっぱり沙樹のことが好きだ。」
「・・・」
沙樹は目を伏せ、胸を押さえる
「やっぱりね、正臣といると胸があったかくなるの。」
「ばーか。」
正臣が笑いながら涙を流している
病室には二人だけの空間が包んでいた

あとがき。
はい、お久しぶりです!
携帯からこんばんはw
一ヶ月間放置すみません!
正沙?沙正?(笑)を書いてみましたw
短めで土下座です!
沙樹はヤンデレでいいと思います(`・ω・)
No.145 / 2010.10.06 21:28 / デュラララ!! / Comment*0 // PageTop▲

お知らせ


お知らせなんですが・・・
9月いっぱいは部活の試合が土日も入っているので、9月末までは更新ができないかもしれません
休みがあったら小説を書いて更新したいと思います
まだまだポケモンは冷めてないので大丈夫です(笑)
マツコト・コトマツが好きな人が増えますように!
さてさて、ポケモンBWの発売が近づいてきましたね
買ったらぜひ瑠璃にやらせて下さい、お願いします←
それでは、またお会いしましょう!
(更新したときに、この記事は削除します)
No.144 / 2010.09.08 16:49 / TOP / Comment*0 // PageTop▲

ノスタルジアコラージュ


「ノスタルジアコラージュ」

「マツバ、お前宛だ。」
「何これ・・・花束?」
ミナキはマツバに花束を渡すと、自分の部屋に戻っていった
マツバは花束を不思議そうに見る
「誰からの贈り物だろう?」
気が付くと、花束と一緒に小さい白い紙が入っていた
『お誕生日おめでとうございます、マツバさん。 コトネより』
そうか、今日は僕の誕生日だった
いつも僕は自分の誕生日を忘れてしまう
誕生日なんてどうでもいい、と
けれど自分の誕生日を思い出させてくれる人がいた
初めて好きになった人
その少女の声が聞きたくて、つい電話してしまった
三回ぐらい呼び出し音が鳴ったあと、少女の声がした
「もしもし、コトネですけど。」
「コトネちゃん・・・僕だよ。」
「マ・・・マツバさん!こんにちは!」
「ははっ・・・そんなに慌てなくても。コトネちゃんに言いたいことがあって電話したんだよ。」
「私に・・・?」
「僕の誕生日祝いに・・・お花を贈ってくれてありがとう。」
「あ、お花届きましたか?」
「うん。綺麗な花だね。グラシデアの花かな?」
「はい!コガネシティで買ったんです!グラシデアの花は感謝の意味ですから。」
「・・・本当にありがとう、コトネちゃん。ミナキ君も、僕自身も誕生日を忘れてしまっているのに、君だけだよ。祝ってくれるのは。」
「私は記憶力だけはいいんですよ。」
「ねぇ、コトネちゃん。」
「どうしました?」
「僕は・・・やっぱり、君のことが好き。」
「・・・っ!」
「ジム戦に来たときから好きだったよ、コトネちゃんのこと。コトネちゃんが旅立った後も、毎日君のこと考えてた。」
「マツバさん・・・」
「だから、また帰って来たときに返事をちょうだい。」
「はい!」
そこで電話が切れた
腕に抱えているグラシデアの花から、いい匂いがする
僕はきっと彼女が来るまで一生待ち続ける
意識が黒く染まりゆく中、出来たのは曖昧に笑うことだけ

あとがき。
会話文が半分以上を占めているという、ねw
コトネちゃんがヤンデレではなく、マツバさんがヤンデレ化してきていますw
No.142 / 2010.08.25 11:54 / ポケモン / Comment*0 // PageTop▲

週末のワンシーン


「週末のワンシーン」

「俺も運が悪いよねぇ・・・何で池袋に来るとシズちゃんと会っちゃうんだろう・・・」
臨也は腰に手を当てて、深くため息をついた
「てめぇが池袋に来るから悪いんだろうがよぉ!」
臨也の約五メートル前にいる静雄
その手には標識が握られている
「それは標識だよ?俺に当たったら死んじゃうよ?あ、わかった。シズちゃんは標識を野菜だと思ってるんだね。だから、どんどん引っこ抜くんだね。ここは畑?」
「戯言言ってる間に死ね!」
静雄が標識を投げる
「俺の話、最後まで聞いてくれたっていいじゃん。」
臨也は余裕な顔をして避けるが、少しだけ腕をかする
「チッ・・・!」
臨也は顔を歪め、舌打ちをする
「次は殺す!殺す!殺す!殺す!」
「ほんと、怖いねぇ。」
ため息をついていた臨也だが、静雄の後ろを指差す
「あ!シズちゃんの弟の幽君がいる!」
「は?幽?」
静雄は目を丸くして後ろを振り返る
そんなの嘘に決まってるじゃん、シズちゃん
まったく、弟馬鹿なんだから
「臨也!てめぇ嘘じゃねぇか!」
「はははっ!信じるほうがいけないんだよ。」
そう言って臨也は笑みを浮かべながら走り去っていく
「おい!こら!逃げんな!」
静雄が追いかけようとするが、臨也の姿は人混みに消えていった

「で、今日は何で怪我したの?」
「シズちゃんが投げた標識が当たってさ・・・痛い!波江さん!」
「手当てしてあげてるんだから、大人しくしなさい。」
「はぁー、新羅に頼めばよかったかな・・・」
臨也は深いため息をついて、棚を見る
棚に置いてあるモノ
それを見て、臨也は薄く笑う
君も楽しいと思うだろ?

あとがき。
何かよくわからなくなったw
臨也君は怪我したらいいと思う(^q^)←
No.140 / 2010.08.17 15:29 / デュラララ!! / Comment*0 // PageTop▲
  


material by Sky Ruins & ATP's 素材置き場 / template by キミの、となり。
/ Admin