Rhapsody

  -ゆるやかに流れる時間の中、僕と君だけが凍り付いていた



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / --.--.-- --:-- / スポンサー広告 // PageTop▲

秋風が吹く頃、君は吹き散らされて


「秋風が吹く頃、君は吹き散らされて」

「いいよ。正臣が他の女の子を好きになっても。」
茶髪の少女・三ヶ島沙樹は少しだけ笑う
「え?」
金髪の少年の名前は紀田正臣
「私はずっと待ってるから。正臣の帰りを。最後には戻ってくるもの。」
沙樹はベッドから上半身を起こし、外を眺める
黄巾賊とブルースクウェアの抗争に巻き込まれて、重症を負った沙樹
それでも彼女は微笑み続ける
沙樹を守れず逃げ出した自分に、正臣は寂しそうに目を細める
「でも俺は沙樹を守れなかった・・・」
「それでも正臣は私のために走ってくれたんだよね?」
正臣は手をぐっと握る
わかってるんだ、沙樹は
俺の全てを
沙樹は顔を正臣に向ける
「正臣のこと、大嫌いだから大好きなんだよ。」
私には正臣の全部を許すことしかできない
最初はただ、あの人が言っていたから君に近づいたんだよ
でも、今はもう・・・
「沙樹・・・」
「行ってらっしゃい、正臣。自分と決着をつけてくるんでしょ?私はわかってるから。」
正臣の顔が泣きそうに歪む
気付いたときには正臣は沙樹を抱きしめていた
「正臣?」
「俺、やっぱり沙樹のことが好きだ。」
「・・・」
沙樹は目を伏せ、胸を押さえる
「やっぱりね、正臣といると胸があったかくなるの。」
「ばーか。」
正臣が笑いながら涙を流している
病室には二人だけの空間が包んでいた

あとがき。
はい、お久しぶりです!
携帯からこんばんはw
一ヶ月間放置すみません!
正沙?沙正?(笑)を書いてみましたw
短めで土下座です!
沙樹はヤンデレでいいと思います(`・ω・)
スポンサーサイト
No.145 / 2010.10.06 21:28 / デュラララ!! / Comment*0 // PageTop▲
← 大声で叫ぶ、僕から君へのメッセージ。 / Home / お知らせ →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する
  


material by Sky Ruins & ATP's 素材置き場 / template by キミの、となり。
/ Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。