FC2ブログ


Rhapsody

  -ゆるやかに流れる時間の中、僕と君だけが凍り付いていた



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / --.--.-- --:-- / スポンサー広告 // PageTop▲

バケモノですか人間ですか


「バケモノですか人間ですか」

「臨也?お前どうしたんだ、左目。」
「サイモンに殴られたんだよ、痛いなぁ・・・」
臨也は二日前に左目をサイモンに殴られた
そのときの痣がまだ消えない
前より薄くなったが、まだ痛む
静雄はその臨也の顔に吹き出した
「ぷっ!お前の変な顔。」
「ああ~!もう五月蝿いな、シズちゃん!」
臨也はまったく、と言いながらため息をつく
手に持っていた鏡を置き、椅子に乗ってくるくる回り出す
「何でサイモンはわかってくれないかなぁ・・・俺は人間が大好きなだけなのに。」
「人間はお前のことが嫌いなんじゃねぇのか?」
「それはないね。俺が人間を愛してるから、人間も俺を愛してるんだよ。」
ははは、と乾いた声で笑う
「俺はお前のことが嫌いだ。」
「ん?」
臨也は回転を止め、机の上にあるコーヒーを飲みだした
「俺もシズちゃんのことが大嫌いだけどね。うん、それはわかってるよ。よくシズちゃんとは24時間戦争コンビとか犬猿の仲とか言われるけどさぁ。その関係がなくなったら、シズちゃんと俺を縛るものは何もなくなるよね。それなら俺はこのままがいいな。」
「俺はやっぱりお前が嫌いだ。」
「それでもいいよ、シズちゃん。」
シズちゃんが嫌いでも、俺は好きだよ

あとがき。
短い&臨也君うざいw
すいません、完全にうざやです!
前は戦争だったので、今回は少しだけラブラブに。
スポンサーサイト
No.123 / 2010.07.12 13:18 / ポケモン / Comment*0 // PageTop▲
← 瑠璃の中のキャラクター設定 / Home / カッターナイフで愛を語ろう →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する
  


material by Sky Ruins & ATP's 素材置き場 / template by キミの、となり。
/ Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。