FC2ブログ


Rhapsody

  -ゆるやかに流れる時間の中、僕と君だけが凍り付いていた



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / --.--.-- --:-- / スポンサー広告 // PageTop▲

切り刻む針


「切り刻む針」

冷たい雨が二人に降り注ぐ
白い帽子を被った少女・コトネの体はボロボロで、仰向けに倒れていた
流れる血が雨と混ざる
赤い髪の少年は泣きそうになりながらコトネを見つめる
「くそ・・・っ!俺のせいだ!俺のせいで・・・!」
少年が地面を叩く
びしゃっという水の音
雨は関係なく二人を濡らす
「シルバーのせいじゃないよ・・・」
コトネが小さな声で言う
その顔は笑っていた
少年・シルバーはコトネを抱きしめる
「しゃべらないでいい!」
「私ね、楽しかったよ。シルバーと会ってから。前の住んでいた地方では友達が少なかったけど、シルバーは私を許してくれた・・・」
シルバーはその言葉に涙を流す
コトネがシルバーの頬に手を当てる
「泣かないで、シルバー・・・変な顔になっちゃうよ・・・?」
「うるさい・・・!」
コトネはまた笑う
シルバーにはいつも笑っていてほしいから
「ごめん・・・もう私駄目だ・・・」
「!」
シルバーが目を丸くする
「さよなら・・・シルバー・・・」
コトネが目を閉じて、体の力が抜ける
「コトネ!!!」
その声は雨の音にかき消された

あとがき。
アンケートで二位だった、HGSSライ主♀です。
ライ主♀といえば、HGSSと瑠璃は考えておりますw
アンケートをまた設置したので、投票よろしくお願いします!
スポンサーサイト
No.118 / 2010.07.06 17:21 / ポケモン / Comment*0 // PageTop▲
← 夕焼けが終わる頃 / Home / 砕けた心を拾って埋めて →

Comment Post


Name:
Submit:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する
  


material by Sky Ruins & ATP's 素材置き場 / template by キミの、となり。
/ Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。