FC2ブログ


Rhapsody

  -ゆるやかに流れる時間の中、僕と君だけが凍り付いていた



スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
No. / --.--.-- --:-- / スポンサー広告 // PageTop▲

大声で叫ぶ、僕から君へのメッセージ。


「大声で叫ぶ、僕から君へのメッセージ。」

マツバとミナキは縁側に座り、お茶をしていた
「平和だな。」
「そうだね・・・でも、平和が一番だと思うよ。」
マツバの手持ちのゲンガーは庭でゴースやゴーストと遊んでいる
とても静かで、小鳥のさえずりしか聞こえない
「あいつがいないから、静かなんじゃないのか?」
「あいつって、誰のこと?」
マツバがみたらし団子を食べようとする手を止め、ミナキをじっと見る
「コトネ。」
コトネという少女の名前にマツバの肩はびく、と反応した
「ミナキ君、いつも言ってるんだけどさ。コトネちゃんのこと悪く言わないでくれるかな?」
初めて僕が負けた子
無邪気な笑顔で笑わせくれた子
そして、何よりも僕を幸せにしてくれたこと
「コトネちゃんは・・・僕の・・・」
なんとなく青い空を見上げると、自分の視界が一瞬暗くなった
太陽と重なる
ストン、と空から降ってきた少女
帽子の赤いリボンがとても目立つ
「マツバさん!会いに来ましたよ!」
「コ・・・コトネちゃん!?」
マツバは驚いて立ち上がってしまう
「歩くのは大変だってので、野生のフワライドに乗せてもらいました。」
コトネの頭上にはフワライドが浮いている
「僕のフワライドかと思ったよ・・・」
「違いますよ。」
コトネは手を口に押さえて、くすくすと笑う
「お前は空気を読めない奴だな・・・」
「ちょ・・・!ひどいですよ、ミナキさん!」
「やめなってば、ミナキ君。」
ミナキは横を向いてしまい、どこかに行ってしまった
マツバは手を腰に当ててため息をつく
「ごめんね、コトネちゃん。最近ミナキ君機嫌悪いんだ。」
「それは・・・私のせいかも・・・ですね。」
ぼそっと蚊の鳴くような声で喋る
マツバは気のせいかと思い、首を傾げる
「でも・・・会いたかったよ、コトネちゃん。」
「私もです。」
僕は少女を抱きしめた
やっぱり好きだよ、コトネちゃん
君が笑うから、僕も笑える
君が生きているから、僕も生きていける
君が死んだなら、僕も一緒に息絶えよう

あとがき。
久しぶりに書いたので、設定オカシイ。
いつもミナキ君はかわいそうな子設定です。
ごめん。
No.147 / 2010.10.30 11:51 / ポケモン / Comment*0 // PageTop▲
  


material by Sky Ruins & ATP's 素材置き場 / template by キミの、となり。
/ Admin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。